忍者ブログ
明石名物のキャンペーン部隊として、様々なPR活動を行ってまいります。
 280 |  279 |  278 |  277 |  276 |  275 |  274 |  273 |  272 |  271 |  270 |
Posted : 2017/12/13 22:07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2011年7月21日、明石まつりの花火大会会場で、
11名の死者と247名の負傷者を出した大惨事から、
丸10年が経ちました。



事故当日、私は出店者として会場に居ました。



暴走族対策で会場出入口を2ヶ所に限定され、
出店店舗数も例年の半分以下となり、
凝縮されたまつり会場・・・

また初めての新会場での開催や、
雑踏警備体制に対する希薄な意識レベルなど・・

今になって色々な要因が重なってしまい、
起こしてしまったと感じます。


3年間の中断を経て市民まつり再開から、
実行委員会の一員となり、また2009年からは、
主催者であるNPOの副理事長として、
まつりの副実行委員長として、
出店参加者側から創り手側の立場となりました。

この10年、特にまつり再開からは、数多くの方々と出会い、
様々な意見交換をさせて頂き、今の私があります。

「賑わい」と「安全」、相反する要素を試行錯誤しながら、
今日までやってきました。

明石での事故以来、安全への意識レベルは、格段に上がり、
主催者はじめ兵庫県警も全国トップと言っても過言でない位、
雑踏警備は強化されました。

しかし、その反面で警備費の圧迫により、
祭・花火大会・イベントなどの中止が、
全国各地の自治体に広がったのも事実です。

警備費をかければ必ずしも「安全」を確保出来る

そんな単純な訳でもなく、知恵と工夫、経験を
少しずつ積み重ねて行くしか方法がないのかも 。

しかし、今日、地方財政が貧困してる厳しい状況


事故当時、生後11ヶ月だった長女もはや、もうすぐ11歳。

この子達にも、私達が生まれ育った「明石」
の夜空に輝く花火を見せてやりたい 。

被害に遭われた方々はじめ、
色々な意味で人生の歯車が狂ってしまった方々。

全てがリセットされる事は、現実的に不可能ですが、
もう1度、この「明石」の夜空に花火を打ち上げ、
起こってしまった事故を風化させず、
安全で賑わいのある市民まつりを行いたいです。

そんな理想に少しでも近づく事が出来る様、
少しずつでも歩んで行きたいです。




楽しいはずの花火大会で、
尊い命を失ってしまった方々の御冥福をお祈りしいたします。


古志 利宗 






あかし玉子焼ひろめ隊 連絡先
あかし玉子焼ひろめ隊事務局(夢工房内)
〒673-0866
明石市朝霧町3丁目15-1
TEL 078-220-8352/FAX 078-203-3766                  




夢工房HP
http://www.yumekoubou-akashi.jp/


夢工房ブログ
http://yumekoubou.fukuwarai.net/
 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin / Write / Res
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[11/23 gqphkhmr]
[11/23 Icesenoge]
[11/23 Icesenoge]
[11/23 osbmgo]
[11/23 hrqffcm]
プロフィール
HN:
ひろめ隊 隊長
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  あかし玉子焼ひろめ隊  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]